銀行不動産を担保に融資を受ける場合の絶対条件の一つとして、土

地上に建物が有る場合、現況に合致した建物登記が為されてい

るか、為されることが確実なことが条件になります。

 例えば新築当時に登記をしていて、その後に増築や一部取り

壊しをしたのに登記を変えていない場合は、測量を行い、所有

権証明書等を添付して登記を変更します。これを建物表題変更

登記といいます。

 全て建物が登記の無い未登記状態のときは、建物表題登記、

所有権保存登記を行い権利証を作成します。更地なのに同一地

番の建物登記が存在している場合は、取り壊しているのなら、

建物名義人から建物滅失登記を申請します。

土地所有者と異なる名義の建物登記が存在する場合も同様です

が、建物登記名義人が心当たりの無い名義のときには調査が必

要です。建物滅失登記の申請は原則として建物登記名義人が申

請を行うことになっています。本人に会って事実関係を聴き、

その土地に過去に建物があって取り壊したなら、建物滅失登記

を申請してもらうようお願いします。もし建物が他の場所に現

存する場合は、敷地地番が分合筆により変更されているか、建

物を曳航移転した可能性があるので、敷地地番を変更する建物

表題変更登記をして頂くようお願いをします。

このとき、建物登記名義人が登記申請に協力をしないとが

にあります。このままでは、融資審査に通らない可能が高

ので、最寄りの法務局か弊社までご相談下さい。