百眼香川県三木町には百眼百考会議というものがあります。

6年前から始まった制度で、税金を執行する際、議会や役所の閉

鎖された空間でその使途が決定され、住民の意思が施策に十分

に反映されていないのでないか?という疑問に応えるかたち

で、町内から職業、世代、老若男女を越えて無作為に選ばれた

50人(100眼)が、テーマごとに数班に分かれて議論をし合

い、半年後に提案書というかたちにして町長にプレゼンをする

という制度です。

プレゼンが採用されれば翌年4月から予算を付けて実行すること

になります。この制度は全国的にも珍しく、全国の自治体が

日々視察に訪れています。今年、なぜか私にこの役廻りが当た

り、昨日第一回全体会に出席してきました。私が所属する分科

会は「移住検討者に三木町での暮らしを具体的にイメージしても

らうために」がテーマです。

 そこで、少し宣伝をさせて下さい。2015年の住民アン

ケート調査で、三木町は香川県内の自治体の中で最も幸福度が

高い自治体となっています。高松市に隣接するベッドタウンと

して利便性が良く土地も広々として風光明美なところです。文

教の町として子育て世帯に人気が高く、人口減少もほとんどあ

りません。事務所近くの氷上小学校は昨年、教室が不足して増

築を行い、子供達の声で賑やかです。町内には国立香川大学医

学部、医学部付属病院、農学部、県立三木高校(三木高校は高

松高、丸亀高に次ぎ県内難易度3位の進学校です)町立三木中学

校(多くのスポーツ選手を輩出している大規模校です)があ

り、メインストリートは「学園通り」と呼ばれていて、私鉄コト

デンの学園通り駅があります。文化に触れる機会も豊富で、著

名なコンサートが数多く開催され、文化教室も県内一充実して

います。とにかく住みやすい街ですので、一度来てみてくださ

い。