土地税金地目節税について。

法務局の登記地目と市区町村の固定資産税の課税は連動して

います。高い方から、更地の宅地、続いて更地の雑種地、

建物の建っている宅地、貸駐車場として利用している雑種

地・・・田、畑、原野、山林となり、宅地から山林までは50

倍から100倍程度の差があります。非課税のものとして公

用道路、用悪水路、境内地等があります。

例外として、農地転用の許可を受けた田、畑等は、工事に着

手していない場合でも宅地並課税となります。このほか同じ

地目でも利用形態によっては異なる課税となります。

節税をするには、現況を変える、利用形態を変える、許認可

申請をする、地目変更登記をする等の工夫をすれば可能にな

ります。

具体的には、ケースバイケースで手続きが異なりますのでお

気軽にご相談下さい。 

ブログ上部のボタンから又はメールで 

kanaji358@yahoo.co.jp