街地目変更登記は自分でできます。この登記は報告的登記の一つで、現況主義です。

報告的登記とは所有者に申請義務のある登記です。現況主義は、まず、現地と登記地目が一致していることが必要条件となります。

家が建っているなら「宅地」、駐車場として利用されているなら「雑種地」、稲が植わっているなら「田」、野菜が植わっているなら「畑」、背の高い木々が生えているなら「山林」、背の低い草木なら「原野」等、全部で23種類の地目があります。

ただし必要条件=十分条件ではありません。中には官公署の許可が必要なものもあります。代表的なものに農地転用許可があります。農地を農地以外のものに転用する場合、地目変更登記申請前に農業委員会の許可を受けておく必要があります。この申請も自分でできますので地元農業委員会にお尋ねください。

また、登記地目は市区町村の固定資産税と連動していますので大変重要です。

申請手続きは、時間的、物理的に無理という方は一度弊社までご相談下さい。