yjimage[4]田畑の固定資産税評価額が数千円でも、相続税評価額を数百万に計算されることがあります。都市計画区域内において、用途地域内に田畑が存在する場合は、近隣の宅地評価から造成に必要な経費を引いた額を計算して課税されます。用途地域内は直ぐに宅地に出来る可能性が高いからです。

2015年から相続税非課税枠が、5000万+相続人数x1000万 → 3000万+相続人数x600万に下がっています。このエリア内にたくさんの田畑を所有されている方は、相続発生前から予め調査をしておくことをお薦めいたします。